防犯グッズってどんなものがあるの?

国際化が進む日本では、犯罪の種類も多様化してきています。自分や家族、財産を守るために、犯罪を未然に防ぐ防犯グッズについて詳しく知っておきましょう。防犯グッズはその守る対象によって大きく3つの種類に分けられます。まず第1はやはり住宅です。

その中でも玄関回り、窓回り、外用と様々なグッズがあります。玄関回りでは、基本となるのはやはりドアロックです。ドアロックは防犯を考えれば最低でも2つは必要です。同じドアロックでも逆さまに取り付けることで一層の効果が期待できます。

複数のドアロックが付いていれば抑止効果も期待できます。さらに玄関にセンサーやアラームを取り付けてドアが開けられた時に感知して警告音を鳴らすグッズも普及してきています。防犯カメラも威圧的で大変効果的です。単にモニターする物から自動録画する物、ダミーカメラもあります。

窓用のグッズとしては、窓用の補助錠はもとより窓に貼って割れにくくするフィルムや、窓用センサー、防犯ガラスなどがあります。住宅の外に撒いて踏むと大きな音を立てる防犯砂利いうものもあります。第2に、車の防犯も大事です。車にもセンサーとアラームで威嚇するグッズや侵入を知らせるグッズ、ドアやハンドルが動かないように固定するグッズなどがあります。

車には貴重品は置かないようにし、盗難保険には入っておくほうがいいでしょう。第3に、外出する時の防犯グッズです。防犯ブザーが有名ですが、催涙スプレーやスタンガンを持ち歩く方も増えました。お子さんの場合はランドセルに防犯ブザーを持っているという旨のステッカーを張るだけでも効果的です。

上手にグッズを使って犯罪を未然に防ぎたいものですね。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.