子供用GPSを使用する際に気をつけることとは

子供用GPSには様々な機能を持ったものがあるので、用途に応じて最適なものを選ぶことが大切です。例えばスマートフォンにインストールして使うアプリや、腕時計型やキーホルダーの端末は携帯しやすいというメリットがあります。アプリは位置情報を確認できるだけでなく、目的地を設定して子供が到着したタイミングで通知を表示できます。腕時計型の端末はスタンプを使って簡単なコミュニケーションや通話ができるので、状況確認をしたい場合におすすめです。

キーホルダー型は携帯しやすく、ランドセルやズボンなどに簡単に装着できます。子供用GPSには登下校時にメールを送信する機能を搭載したものもあり、トラブルを回避するのに役立ちます。この機能は校門を通過した際にメールが自動的に送られてくるもので、メールが届いてしばらく経過しても帰宅しない場合には位置情報を頼りに子供を探すことができます。低学年の小学生が1人で登下校を行う場合、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性があるのでこの機能を備えている端末を持たせておけば安心です。

子供用GPSは安全を守るのに役立ちますが、確実に全てのトラブルを回避できるわけではないので注意してください。可能な限りトラブルを回避したいのであれば、寄り道をしたり知らない人について行かないように教えることが大切です。最近では怪しい人を見かけると積極的に声をかけるよう指導している学校もありますが、犯罪者と知り合うきっかけを作ってしまいます。怪しい人物を見かけたら道を変えるなど、なるべく近づかないように指導するとよいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.