防犯グッズとしての監視カメラ

世の中は物騒になってきていますから、防犯グッズがあちこちのホームセンターなどで用意されるようになってきています。そのような中で、監視カメラというものが見直されており、活用されています。監視カメラ自体は、泥棒などの犯罪を防止することはできませんが、抑止力が働くというわけです。つまり、その家に監視カメラが設置しているだけで、犯罪を犯そうとする人の意欲を阻喪させる効果があるというのです。

犯罪を犯そうという立場で考えれば、すぐわかることですが、証拠が残る、人物が特定されるというのは、最も避けたいことのはずですから、人影として記録されることは忍び難く、そういう防犯グッズの備えられた家に近づくのは止めておこうということになります。そこでもう一歩踏み込んで、ダミーの監視カメラは防犯グッズ足りうるかということですが、これは難しい問題を孕んでいると言われています。見かけだけのものですが、近づくのはやめておこうという抑止力になる点では有効です。しかし、狙われた場合は、犯罪のプロからすると、その家にはお宝があるというメッセージにもなりやすいということです。

そうなると、逆の効果になってしまうという説があります。そうなれば、本物を用意するのが良いわけですが、本物か偽物かは近づかないと分からないので、それを確かめようという犯罪者もいないということも言えます。やはり、ダミーでも一定の効果があるという結論になりそうですが、隣家と離れているとか、物陰になりやすい場所とかの場合は、本物の監視カメラを備えないと悲劇を生むことになることには注意が必要です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.