子供用GPS端末とキッズ携帯は目的で使い分けよう

小学校に入学すると、登下校や習い事、公園などで友達同士で遊ぶようになったりと子供だけで行動する機会が増えます。必然的に1人で行動することが増えるため、我が子がどこにいるのか知るためにキッズ携帯の購入を検討しはじめる方もいるのではないでしょうか。しかし中には、低学年の子供にキッズ携帯を持たせるにはまだ早いと考えていたり、校内への持ち込み自体が禁止されている場合もあります。校内への利用が禁止されているという場合におすすめなのは、子供用GPS端末の契約です。

端末を持たせておくと、親や家族のスマホアプリに位置情報が表示されるため、ランドセルに入れて置くだけで簡単に位置情報を知ることができます。どちらも位置情報を知ることができますが、違いはGPS端末には通話やメールの機能がついていないということです。単に位置情報を把握したいだけという目的であればGPS端末がおすすめですが、習い事のお迎えなどの連絡ツールとして使用したいというのであればキッズ携帯がおすすめです。GPS端末と比較すると月額料金が割高であるというデメリットがありますが、子供が一人で行動しているときになにか困ったことがあった時に親に助けを求めやすいというメリットもあるので、いざと言うときには子供と連絡をとりたい場合にはキッズ携帯、学校で携帯の持ち込みが禁止されている場合や登下校の見守りが目的の場合はGPS端末の契約と使用目的によって選択することをおすすめします。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.