子供とGPS機器について

GPS機器というのは、人工衛星との電波通信技術を活用することで、自分の現在位置がリアルタイムで把握できる仕組みのことであり、今ではスマートホンなどにもごく普通に搭載されています。ちょっと見知らぬ場所に出かけたような時など、スマートホンのこの機能を活用して現在地を確かめ、迷うことなく目的地に向かえたという経験を持つ人も多いかもしれませんし、カーナビが実現できているのもこの技術のおかげです。これと子供にどのような関係があるのかと思われる人もいるかもしれませんが、一種の見守りのためのシステムということができます。GPS機器は、持つ人自身が自分の居場所を把握するためだけのものではありません。

今では通信機器が発達していますから、そのGPS機器を持つ子供が今どこにいるのか、離れた場所にいる人が把握することも簡単にできるのです。例えば夕方になっても子供がなかなか帰ってこないといった場合、自宅にいる親が、自分自身のスマートホンなどの地図画面上に、子供の居場所を表示させて把握することができます。もちろん、ある程度リアルタイムに把握できますから、公園で遊んでいて全く家に帰るそぶりすらないのかとか、いま自宅への帰り道を歩いているところだといった移動に関する情報もだいたいは分かります。基本的にGPSは居場所が分かるだけで、相手と通話したりすることはできませんが、機器によっては簡単な連絡機能を持たせたものもあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.