子供に持たせるGPSとしておすすめの種類は

共働きのご家庭で、常に子供の行き先を把握することが難しいという場合、防犯対策として子ども用GPSを持たせたいと考える親御さんは少なくありません。ただ子供に持たせるGPSには様々な種類があり、どれを選べばいいのかわからず悩んでしまうという場合は多いようです。まず子供用GPSは大きく分けて警備会社が販売している端末や、携帯キャリアが提供している見守りサービス、スマートフォンアプリと連動するアプリ連動型の端末などが挙げられます。現在最も主流といわれているのがスマートフォンやタブレットを併用する、アプリ連動型の端末で、子供のリアルタイムな位置情報を専用アプリで確認出来る単機能タイプや、子供が端末本体のボタンを押すことで、親のスマートフォンやタブレットに位置情報を通知される一方向タイプ、端末とスマートフォン・タブレット双方から音声メッセージの送受信が行える双方向タイプなど機能面も様々です。

近年はバッテリーが持ちやすく、音が出る心配がない一方向タイプを選ぶご家庭が多く、このタイプは多くの小学校で持ち込みが認められる特徴を持っており、使い勝手と機能面のバランスに優れています。双方向タイプは音声メッセージを双方で送受信出来るメリットがありますが、機能性が高いことでバッテリーの持ちが悪く、授業中に不要音が鳴る恐れがあることから学校によっては持ち込みが禁止されている場合があるので、用途に合わせて選ぶことが大切になります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.