子供にGPSを携帯させるメリットについて

小さな子供がいる家庭では少し目を離した瞬間にいなくなって慌てたり、いつもであれば帰宅する時間に帰って来ないので不安を感じることがあります。夕方になると交通事故や子供をターゲットにした事件が増えるので、両親が心配になるのも無理はありません。子供の安全を守りたいのであれば、年齢に応じて最適な機能を備えたGPSを活用するとよいでしょう。広いショッピングモールなどで迷子になってしまった場合でもすぐに見付けることができ、登下校時などの事故や犯罪も防ぐことができます。

GPSとはGlobalPositioningSystemを省略したもので、日本語では全地球即位網と翻訳されています。アメリカが地球上にある対象物の位置を特定するために打ち上げた衛星のことで、地上20200kmの軌道上には予備機を含めて30機が存在します。測定の対象とされる衛星の受信機は、複数の衛星から送られた電波が届くまでにかかった時間から距離を計算しています。GPSとは軌道上を周回している衛星を指す言葉ですが、距離を測定する機能に対して用いられるのが一般的です。

GPSを子供に持たせると迷子になってもすぐに探し出せるだけでなく、事故や事件に巻き込まれるのを防ぐことができます。登下校時のメール送信機能を搭載したタイプもあり、校門を通過した際に自動的にメールが送られます。メールが届いてからしばらく経過しても帰宅しない場合には、位置情報を参考にして子供を探しに行くことができます。GPSには様々なタイプがあるので、年齢に応じて最適な機能を備えたものを選ぶことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.