子供の安全のためにGPS

共働き世帯は6割を超え、子供一人で帰宅したらその足で、塾や習い事に通うというのは普通のスタイルになりました。親の目の届かない場所でひとりで出歩かせるときに気がかりなのが防犯面のリスクです。地域社会が希薄になる中で、地域の見守る目による安全確保は困難になっています。そんな中人気を集めているのが子供に携帯させるGPSデバイスです。

もちろん現在ではGPS機能を内蔵したスマートフォンも普及しています。とはいえ年少な年齢の子供にフルスペックのスマートフォンを持たせるには躊躇があるという方も少なくありません。不用意に危険なサイトにアクセスしたり、悪意ある大人とコンタクトの機会をもつなど、ネットリテラシーの知識が少ない子供には、スマートフォンを持たせるのが必ずしも穏当といえるわけではありません。そもそも子供用GPSとは、所持者の位置情報を把握しスマートフォンからリアルタイムで逐一確認できるというものです。

活発な年齢が所持することも考慮して丈夫で簡単な操作しかできない仕様になっているのが特徴といえます。位置情報を把握するというのであれば、いわゆる「キッズ携帯」という選択肢もあります。ところが携帯電話自体を持ち込み禁止にしている学校も多いため、居場所だけでも把握できるデバイスには、高い需要があるのです。加えて費用面でも携帯電話には課題があります。

GPSはオプション料金となっていることが多く、ランニングコストが月々が発生するからです。子供のGPSのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.