ねずみの駆除は業者に任せよう

ねずみの居ない環境作り

超音波でねずみ駆除方法と再侵入を防ぐために

time 2021/01/06

超音波でねずみ駆除方法と再侵入を防ぐために

ねずみ駆除のための、超音波をつかった方法は、電磁波の異常を感知して、動物が異常行動を起こす原理を利用して、室内の電気配線に信号を送って、ランダムに電磁場を変換させることでねずみを追い払うことができます。超音波を使ったねずみ駆除の方法を使うと、逆にねずみを見かけるようになります。それは、通常は、暗闇や隙間などにいるねずみが超音波が行き届かない安全なところに逃げ出すため、増えたと感じることが原因です。ねずみ駆除をする際に超音波を使うと、ねずみが混乱するため、この時期には、ねずみ捕りなどの他の駆除方法なども聞きやすくなるので、併用したらさらに効果が上がります。

超音波を使ったねずみ駆除を行う場合、広さにあった機器を使用することが大切です。また、使う際には、気を付けるべきことがいくつかあります。まず、壁や天井などには音が跳ね返るため、部屋全体に効果がいきわたりますが、断熱材や段ボールなどの柔らかいものがあることで、音が吸収されてしまい、効果が出にくくなってしまいます。また、設置することによって、住みにくい環境を作ることができますが、ねずみが好む食べ物や生ごみなどを放置していると、一時的には効果があっても、期間を過ぎてからその環境に耐えて、再び侵入することがあります。

衛生管理をしっかりしているところなら、頭の良いねずみは生息しません。ねずみが多い場合は、常に開けているドアなどがある建物は効果があらわれるまでに時間があります。また、追い出したねずみが再侵入しないようにドアや隙間の穴なども閉じることがおすすめです。最後に、ねずみが巣をつくることができないようにしっかりと掃除し、髪やぼろ布、藁や紐といった巣の材料になりえるものは巣の材料となってしまいます。

down

コメントする