ねずみの駆除は業者に任せよう

ねずみの居ない環境作り

ねずみ駆除のための殺鼠剤の効率の良い使用方法

time 2020/12/31

ねずみ駆除のための殺鼠剤の効率の良い使用方法

殺鼠剤を使ったねずみ駆除の方法として、ただ単に殺鼠剤を設置しただけでは大きな効果を望むことはできません。殺鼠剤を設置する場所や時期など、ねずみ駆除の効果を上げる方法があります。まず、殺鼠剤を設置してねずみ駆除を行う際には、ねずみが食欲を増す時期である、秋から冬に行うことが大切です。ねずみには、運動場や餌場など決まった場所が存在するため、運動場など食べ物とは関係のない場所に設置したところでたべることはありません。

天井で暴れていたからといって、殺鼠剤を仕掛けたところで、運動場として利用しているだけならば、たべません。そのため、そういった場合には、持ち帰ることが出来るタイプの殺鼠剤を設置することがお勧めです。警戒心が強いねずみは、最初はなかなか食べてくれないため、食べなかったとしても、しばらく動かさないことが大切です。しばらく放置しておくことで、餌の存在に慣れて、食べてくれる可能性があります。

ただし、一週間以上が経過しても食べない場合には回収するか場所を移動することが大切です。さらに、効果をアップさせる方法として、粘着剤の周囲に殺鼠剤を置くことです。毒の餌を食べたねずみは変調をきたして、警戒心が低下して、粘着剤にかかりやすくなります。ねずみ駆除を行うために殺鼠剤を使う場合、気長に根気強く駆除することが大切です。

非常に警戒心が強いねずみはs掛けた後はしばらく様子を見る必要があり、食べ物をためておく習性があるので、餌がなくなっても食べるまでしばらく時間がかかります。

down

コメントする